お知らせ新着情報・コラム

500円で変わる未来もある。3


 

500円で変わる未来もある。3

我が家に起きた奇跡。

我が家には発達に重度の障がいがある

娘がいる。

名前は芽生(メイ)

メイがお腹に宿ってくれた時、早産の恐れがあると言われ、危険な状態が続いていたので

お腹を撫でながら

「この小さな命が無事に芽生えますように」

と祈った言葉から名前をつけた。

メイは現在16歳。

でも知能は2歳。

身体が大きくなったので、

色んな事を自立して行えるように

サポートしなければならない。

1つの事を覚えるのに

物凄い時間が必要になる。

色んな療育と呼ばれる機関にも通ったりしたけど、実際には自宅で自立出来ることを身につけていかないといけない事が多い。

小さい頃であれば、メイがヤル気にならなくても抱っこして移動させたりと簡単に済ませれたことも、身体が大きくなったメイを動かすのはとっても困難。

中でもタマが1番苦労していたこと。

それが

お風呂だった。。。

メイは湯船に浸かるのが大好き。

気持ち良くて出たくないのだと思う。

だけども洗い場に出て身体や頭を洗う必要があるし、あまりにも長湯だとこっちが

のぼせてしまう。

湯船から出ようと声をかけても

「まだ。」と応えるメイ。

何度倒れそうになったか分からない。

どうしようもない時は

電気を暗くして怖がらせることで

出させなければならない事もあった。

だけど本当はそんな事、誰もしたくないのだ。

そんな時

タマはこの5リズムを応用することを

思いついた。

これは全国の障がいを持つ子どもを

育てておられるお母さんに知って欲しいし

療育関係者さん、また

障がいの有無に関わらず

多くの人に知ってもらいたい

とてもシンプルで画期的な事です。

5リズムは5つのリズムから

なっている。

この世界の自然界の全てのものに

当てはめることが出来る

普遍的なリズム

メイに・・・

そう。

タマはお風呂の中に5リズムを

取り入れてみたのです。

その結果

メイはゆっくりと湯船に浸かったあと、

洗い場に出て身体を洗い

そしてまた湯船に浸かる。

という流れをスムーズに行うことが

出来るようになりました!!

これは今でもずっと行っていることです。

もう怖がらせる必要はないし

言葉で追い立てる必要もない

自然のリズムを取り入れて

メイとお風呂を楽しめるようになった。

これは、我が家にとって

とても嬉しい奇跡の1つです。

そんなメイとのお風呂での時間

5リズムをどんなふうに取り入れたか?

当時、この記録が

masayoさんを通して全世界の

5リズムニュースレターに掲載されました。

ぜひ内容を見てください。

https://5rjp.com/2017/04/12/5rhythms_news_2017_04/

そして奇跡はまだまだ続く。