お知らせ新着情報・コラム

これからはアナログの時代。

こんにちは。Tama’s Wonderlandのタマちゃんこと、奥田珠紀です。

Tama’s Wonderlandという、このオンライン上のコミュニティは今から2年前に誕生しました。でも、コンセプトや企画を練って生み出した訳ではなく、タマちゃんの宇宙アンテナが創ることをタマの頭に閃きとして与えてくれたので、タマはその閃きをキャッチして直ぐに行動したというのが始まりです。

そのため、色んな事を試行錯誤して今までやってきました。そして、この2年という期間は同時に世界が大きく変化した時と重なります。

タマは、このコミュニティをどのようにしてこれからの時代に向けて舵を切ればいいかをずっと考えてきましたが、最近に至るまで全くそれを掴むことができませんでした。

ちなみにタマは、風見鶏のように少し先の未来からの風を読み取る性質があります。周りの人たちからは「タマちゃんは時代を先読みしてる」といつも言われてきました。

でも、この2年はそうした未来アンテナが故障したのか?というぐらい何も掴めずにいたのです。

そうしているうちに、タマ自身に大きな気づきを得る機会が訪れました。それはとてもショックな出来事として起きたのですが、お陰様で、それによって今までの自分では決めれずにいた、ひとつの覚悟を決めることが出来ました。これはとっても発展的な出来事でした。(相当痛かったですが!笑。)

さて。その覚悟を決めてからのタマの日常は物凄く忙しくなっています。

何が忙しいか?というと、全ての作業を完全シフトに向けて構築しているところであります。

私たちは進化する時代の最先端を生きています。そして、その環境は抜群といっていいほど便利に囲まれています。

特にインターネットの世界では、SNSといったツ-ルひとつで、瞬時に世界と繋がることが出来ます。出会ったことがない方たちと直ぐに繋がることが出来るし、ここでビジネスをする事も可能です。

そして、それをこなしてきたのがタマ自身でもあります。タマは今から6年前に起業し、SNS(Facebook)とスマホだけで事業を展開させてきました。生活保護からの起業、3年前には月商3,000万円という、あり得ない数字まで出すことが出来たのが実績としてあります。ちなみに有料ブログでの売上だけで年商1000万円ありました。

なので、SNSでゼロからスタートして成功を納めるまでのプロセスは体験済みです。

ですが、それらを体験してきたタマだからこそ、言えることが1つだけあります。

それは、リスクがあり過ぎるということ。

あり過ぎるというよりも、リスクの上でビジネスをしているという事です。

どういう事か?というと、今、SNSの世界ではフォロワー数が多いことが知名度としてあったりしますが、このSNSという世界、アカウントが消えたらどうなるでしょう?

私たち、全てをインターネットに預けてき過ぎていませんか?

ビジネスだけでなく、クレジットでのお買い物、スケジュール管理、色んなものを預けてきてしまっています。

そして、それらは今のところ何の問題も起きていない状態ですが、これらは実態の無い世界です。先ほど書きましたがアカウントが消えたら、どれだけの人との繋がりを無くしてしまうでしょうか。

イベントなどの告知もそうしたネット上のサ-ビスを使って管理などをこなしていますが、これが消えたらどうしますか?

そうしたリスクが常にある。

これは、池に張った氷の上で成り立っているのと同じこと。

タマはこのリスクが常にある事を感じていました。そのため、このTama’s WonderlandのHPを創る時には、どこのHP制作システムにも依存することをせず、独立したものとして生み出しました。

そして、今、タマが行なっていること。

それがアナログ回線での人との繋がりの構築です。これからまだまだ時代が進化していく中で、そして、それに伴って活動してきたタマですが、これ以上、進化の道を行くのは危険だと判断しました。

インターネットが使えなくなったとしても、電気が使えなくなったとしても、それでも何の支障もない。というところまでTama’s Wonderlandを持っていこうと考えています。

とても時間がかかる作業をしていますが、これは財産になると感じています。その財産をタマはTama’s Wonderlandの皆んなの財産にしていくと決めています。

多分、星の流れなどからして、ここ1年の間にそれらを完全にシフトしないといけないように思っています。それはビジネスだけでなく、生活についてもです。

皆んなで地に足つけていきましょう。

便利は使う側にとって丁度いいものとして利用するものであって、便利そのものの中で生きてしまっては、気がついた時に何も残すことが出来ない自分になってしまいます。

そうした事にちゃんと気づいてやれる事から始めていきましょう。

私たちは随分と便利な世界を生き過ぎてしまったので、取り返していくには大変ですが有り難いことにタマと同世代の方たちは、アナログでの人との繋がりやアナログでのビジネスの方法を知っています。

それらをちゃんと取り入れていくことが出来る力を持っています。

Tama’s Wonderlandは退化という進化を選択して行くことを決めました。

また報告していきます。

 

読んでくださってありがとうございます。

Tama’s Wonderlandに入居したいと思われた方は、お手紙でご連絡ください。折り返しご案内を送らせていただきます。

〒630-1237 奈良県奈良市柳生町226番地

株式会社タマchanカンパニー

 代表 奥田珠紀 まで

よろしくお願いします。