Lena
のお家

「Lena」とは

音楽家のLena Saito (galcid)は電子音楽家として音楽の制作を行い、世界各国のレーベルから作品を発表し、ツアーで演奏を行っています。

2019年11月より「LIFE is CREATIVE!」をテーマに「音の対話型鑑賞」のワークショップを始め、コロナ後はオンラインに切り替えて行っています。

毎回オリジナル音と共に自分の子供時代(潜在意識)に出会い、音を鑑賞し、感じたことをグループで言語化して感性を高めるワークを行います。その後、自分の理想の人生の幸福のエレメント(体・心・環境・家族/パートナー・仲間・仕事・お金・成長)を毎回テーマを変えて行い、フューチャーペーシングで叶った自分を未来体験します。現在、企業や美術館などからも依頼が入っています。

絵のアーティストとのコラボレーションで、「OTOIRO」というプロジェクトもあり、無音での鑑賞のあと、私のインスピレーションで作る音と共に作品を鑑賞します。同じ絵や作品でも全く違った印象になる、不思議体験ができます。

メッセージ

私は2歳の時、親に頼んでピアノを始めました。でも、全く譜面は読めないまま、音を耳で聞いて完コピするやり方で中学まで、クラシックのレッスンを受けていました。

思えば、その頃から様々な音楽を聴いては世界観に浸り、妄想し、色んな自分を頭の中で描いていました。その日、お姫様の妄想をした日の自分はとても優雅で、おしとやかになっていたのを記憶しています。

その後、無限の音色を作ることができる電子音楽の魅力に取り憑かれ、電子音楽での活動を始めますが、音楽家としての活動は続けながらも、「自分で想像する人生」を自分はもちろん、人にも音を通して伝えることはできないか、とワークショップを始めました。

本来、人はみんなクリエイティブですが、想像や妄想のすることを世間体が邪魔したまま過ごして、遊び方を忘れているだけです。そんな想像の仕方を、クリエイティブな心や感性を音で筋トレのように鍛えましょう!

まさに「LIFE is CREATIVE!」です!

「齋藤礼那」プロフィール

齋藤礼那

代表

齋藤礼那
Lena Saito

香川県高松市生まれ。17歳の時にNYに渡米し、本格的にシンガーソングライターとして音楽活動を始める。その間、子供にリトミックを教える経験なども行い、日本へ帰国。その後現在の夫であるシンセサイザーマエストロの齋藤久師と出会い、より電子音楽に傾倒する。

そして始めたのがgalcidという電子楽器を一人で音楽を即興で操るソロユニット。ファーストアルバムを出すと共に、Underworldのカール・ハイドや坂本龍一など様々な著名人からも絶賛された。

2019年11月よりより人の心に焦点を当てた「音の対話型鑑賞」を始め、2020年9月現在、300人以上が参加している。

現在二人の男の子(7歳・5歳)を育てながら、活動中。

名称 Lena
代表名 齋藤礼那
住所
設立
連絡先 contact@galcid.com
事業内容 音楽制作
音楽演奏
オリジナルワークショップのファシリテーター

「Lena」の活動

オリジナル音・音楽の制作

さまざまな動画や、瞑想、ヨガなどのための音の制作をします。

テレビコマーシャルやアーティストへの楽曲提供、NIKEコラボのヨガ曲の提供なども行っており、必要な場合には、528hz(癒しの周波数)やシューマン共振(7.83hz)も入れて効果的な楽曲や音に仕上げます。

音の対話型ワークショップ

感性を高める、イマジネーション・クリエイティビティを鍛えるワークショップをマンスリーで行っています。

様々な人と対話することで見えてくる自分を発見し、人生のビジョンも描けます。

商品紹介

  • 音の対話型鑑賞ワークショップ

    住人商品 その他

    音の対話型鑑賞ワークショップ

    メインコンテンツである音を通して感性を高め、人生のビジョンを描くワークショップ

    5500円

    購入はこちら

  • ビジョンボード制作

    住人商品 その他

    ビジョンボード制作

    人間の幸福の8つのエレメントを可視化するワークを行います。それによって、イメージの力を使って自分の願いに対する行動力が増して願望達成しやすくなります。

    5000円

    購入はこちら

お問い合わせ

音楽制作・演奏依頼はこちら

galcid

音の対話型鑑賞ワークショップ・ビジョンボード制作

音の対話型鑑賞